英語圏への留学はどうなのか

こんばんは、純也ことJUNです。まだまだ夏休みが続いているので、少々飽きてしまいました。英語を勉強していると、海外旅行に興味が沸いてくるのですが、どうせなら語学留学なんていいなと思い始めました。そう、僕は気まぐれなのです。

前回の記事で、オンライン英会話レッスンの話をしましたが、フィリピンは英語が第二外国語として使われていて、多くのフィリピン人が英語を話せるそうです。共通語としてタガログ語があり、セブアノなど方言があります。フィリピン人といっても、地域によって使用言語が異なるのです。フィリピンの英会話留学は、ここ数年で増えたみたいですね。セブ島などの語学留学プログラムがあったりします。リゾートなので、英語の勉強がない人は、海で遊べますね。

フィリピン人は英語がネイティブではありませんが、発音は悪くないようです。アメリカやオーストラリア、イギリスなどに語学留学すれば、学費だけでなく、滞在費や渡航費も高くなります。フィリピンなら近いですし、物価も安いので、留学費用を抑えようと思ったら、フィリピン留学が候補としてはよさそうです。宿泊費や食費が安いみたいです。

留学タイムズや留学ランド、留学ジャーナルなどのサービスを利用すれば、希望の条件で留学先が探せるでしょう。今年の夏休みに留学するには、タイミングとして遅すぎるので、来年の夏は英会話留学を検討してみるのもいいかもしれません。みなさんも、英会話留学を検討してみてくださいね。